夜バイト「警備員」とは、どのような仕事なのでしょうか。

警備員とは、建物の内外や人が大勢集まるところ、あるいは逆に人目が行き届かないところで、事件の発生や事故の発生を警戒防止する仕事です。

警備業法に基づき都道府県公安委員会の認定を受けた警備会社で18歳以上の人が行う事ができます。

警備員の仕事内容は様々なモノがあり、施設及び施設に出入りする人物に対する警備員や交通誘導、貴重品等輸送、、機械警備などが代表的なモノでしょう。

夜バイト「警備員」とは、警備員としての仕事を夜行う事を指します。

夜バイトとして警備員はよくある仕事だと考えられます。

道路工事などは、夜に行われる事が多いですし、ビルなどの防災管理などを行う警備は、夜が重要な仕事時間帯となります。

年齢制限などが、厳しくないことで、中高年者にも人気がある夜バイトです。

しかし、アルバイトとはいえ、警備員の仕事を行う際には、住民票・身分証明書(本籍地)の提出や健康診断の受診と研修の受講、過去5年間の経歴の確認などが必要とされています。