週刊オリラジ経済白書が以前に放送されましたが、1ヶ月で100万円を稼げるのかという企画をしており、いろいろな高額バイト・夜バイトが紹介されていましたね。

高額アルバイトということになると、必然的に力仕事・夜の仕事・夜バイトが多くなってくるのですが、1ヶ月で100万円を稼ごうと思うと、深夜に仕事をするなど、きつい仕事が多くなってくるのは仕方のないことなのかもしれないですね。

火曜日の週刊オリラジ経済白書のなかでは、夜バイトとしては「並び屋」の高額バイトが紹介されていました。

「並び屋」とは、コンサートなど人気チケットや、人気ゲーム機など並ばなければ手に入れることが出来ないものを、その依頼者に代行して並ぶという仕事になりますね。

週間オリラジ経済白書では、この「並び屋」について詳しく放送されていなかったのですが、「並び屋」の高額アルバイトは、時給が1000円から3000円などとかなり幅のあるものとなっているようです。

当然「並び屋」の高額バイトは、夜バイト限定というわけではなく、昼にすることもあるのですが、夜の場合は深夜手当てが付いたり、時給が高くなることもよくあるそうです。

「並び屋」の高額アルバイトは、その依頼主のふところ具合などでも結構時給が変わってくるケースも多いようなので、「並び屋」の高額バイトをする場合は、いろいろと条件を聞いておく必要がありそうですね。