日雇いバイト「交通量調査」とは、どのような仕事なのでしょうか。

交通量調査とは、道路や駅のターミナルなどで、通行人や車の数を数える仕事です。

電車やバスなどの利用者の数を数える交通調査もあるようですね。

交通調査を行っている現場を見たことがある人は多いのではないでしょうか。

椅子などに座ってひたすらカウンターを押し続けているのが交通量調査です。

交通量調査を行っている人の多くはアルバイトです。

交通調査はいろいろな目的で行われますが、その調査期間は1日から1週間くらいの短い期間で行われます。

日雇いバイト「交通量調査」は何名かずつのグループで行われます。

そのため12時間拘束されても、実際に交通量の調査を行う時間は拘束時間の半分くらいの時間と考えてよいでしょう。

交通量調査はもちろん屋外で行われますので、夏場や冬場などは体力的にもキツイアルバイトといえます。

日雇いバイト「交通量調査」の日給は1万円前後になる事が多く、休憩時間のことを考えると楽に稼げるアルバイトと言えるでしょう。