レストボックス(REST BOX)という言葉が最近テレビなどでも耳にすることが多くなったようなきがします。

レストボックスとは、日雇いバイト・日雇いアルバイトをよく利用しているフリーターの方などが宿泊するための簡易宿泊施設のことです。

これはガイアの夜明けでこのレストボックスについて放送されたこともあり、有名になったということもあるのですが、日雇いバイトを中心に生活している型には、結構利用されているようですね。

レストボックスは東京の線路沿いによくあるそうなのですが、1泊が1000円から1800円ぐらいの宿泊料金となっているようですね。

この価格帯ならば日雇いバイト・日雇いアルバイトで8000円前後を稼いだとしても、十分利用できる価格帯ということでしょうか。

最近は女性専用レストボックスなどもあるようですが、毎日1500円程度を払うならば、正直アパートなどを借りたほうが安いのかもしれないですよね。

ただ正社員ではなく日雇いバイトのフリーターの方などだと、保証人の問題などもあり難しいのかもしれません。

漫画喫茶やネットカフェで生活しているネットカフェ難民という名前を最近よく耳にしますが、日雇いバイトで生活しているフリーターの方にとっては、なかなかアパートやワンルームマンションを借りるのは難しいということなのかもしれないですね。

ただ最近は保証人がなくとも借りれるアパートやワンルームマンションも増えているので、日雇いバイトで稼いだお金を貯金しておくと、これら保証人の要らないアパートなどに入居することもできるようです。

住所がきちんとあれば、日雇いバイトの生活ではなく正社員になれる確率も高くなるので、まずアパートやワンルームマンションを借りるということも選択肢の一つかもしれません。

ただ日雇いバイトには、自分の時間にあった生活が送れる・自分の目指すものを中心に考えることができるなどの、それなりのメリットもあるので、どのような生活を送るかはその火と自身の価値観の問題となってくるのかもしれないですね。